家族のだれかが、インフルエンザにかかったら大変ですよね。


家族は身近にいて、どうしても接触しないといけないから、ウイルスに感染しやすくなる可能性が高くなります。

予防対策しても、100%感染しないという保障はないのですが、何もしないよりは予防対策するほうがいいと思います。

家族がインフルエンザにかかってしまった時にどのように予防対策をしたらいいのか
家族にインフルエンザがうつってしまった場合 注意しておく期間はどれくらいか
インフルエンザにかかった家族を看病するときに注意するべきことは?


また、感染を高い確率で予防できる方法などもご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



インフルエンザの家族感染を防ぐ予防策

家族がインフルエンザに感染してしまうと一緒に同居している家族が感染してしまう確立は非常に高いです。感染しないように家族間での対策は必ず必要です。

インフルエンザに家族がかかってしまったら、どのように感染を防いでいけばいいのかを具体的に紹介していきます。

・家族の部屋を別々にする。

インフルエンザに感染した家族とできるだけ同じ部屋で生活しないようにすることで、他の家族に感染する可能性を低くすることができます。隔離することで予防策になります。

寝る場所、食事も別の部屋でしましょう。家族に子供がいる場合は、お父さんもお母さんも別室で寝るようにしましょう。

・マスクの着用

インフルエンザの感染は飛沫感染が主です。くしゃみや咳、鼻水などで、インフルエンザウイルスを撒き散らして、周りの人にウイルスがはいって感染してしまいます。

インフルエンザにかかっている家族は、マスクを着用するのは絶対です。マスクは、飛沫感染を防ぐには効果が高いので、インフルエンザにかかっている本人だけでなく一緒に生活をしている家族もマスクをつけるようにしましょう。

マスクを使うときには注意してください。つけていたマスクの表面はウイルスだらけになっています。

マスクを着用しているのに、マスクの表面を触ってしまって感染したり、使った後のマスクをそのまま部屋に放置したりしないようにしましょう。

マスクの表面のウイルスから感染してしまうことも多いのです。そうなるとマスクをして予防した意味がなくなってしまいますからね。
使い捨てのマスクを捨てる時もフタ付きのゴミ箱やビニール袋にマスクをいれ密封して捨てることです。

・使ったティッシュは密封して捨てましょう

くしゃみや咳、鼻水などで、使ったティッシュは、ウイルスだらけになっています。
マスクを捨てるときと同様、ビニール袋に密封して捨てるようにしましょう。使ったティッシュも放置したままにしないようにしましょう。

・こまめにしっかり手洗い

インフルエンザのウイルスに感染している家族が触ったものやいた場所はウイルスがついています。
ウイルスは薬用石鹸で手を洗えば、ウイルスを落とすことができます。
こまめにしっかり手洗いすることで予防効果は高いです。念入りに手荒いをするようにしましょう。

・同じ食器やタオル類などを使わない

同じ食器やタオルを使ったりするのは控えましょう。ウイルスは食器、タオルにもついており、感染源になります。
ウイルスに感染しないためにも家族がインフルエンザを発症している期間は家族間での同じ物を使うのは控えてください。
ドアノブやテレビのリモコン、電気のスイッチなど家族がよく触れる場所は感染している家族には触らないようにしてもらか、アルコールで拭き取って消毒しておくと接触による感染のリスクを減らせます。

どうしても家の中の触る場所や物はウイルスが付着してしまうので、インフルエンザ発症期間は、家の中で家族が触る場所や物はアルコールでの消毒を行うのがよいでしょう。

・ウイルスが嫌いな環境を作る

インフルエンザウイルスの特徴は、低温・低湿度です。部屋内を高温、多湿にすることで、ウイルスの活動も低下します。
温度は21℃以上、湿度は50%の条件で6時間でウイルス生存が数%まで下がると言われています。

加湿器が一番良いのですが、濡れたタオルを部屋に干すことでも、湿度は50%くらいにまで上がります。

エアコンがあると簡単に調整できるので、部屋の湿度を50~60℃に保ち部屋の温度も21~24℃くらいに設定するようにしましょう。
部屋の中で浮遊しているウイルス生存率はかなり下がり、他の家族の人に感染する可能性は低くなります。

・部屋の換気をこまめに行う

部屋を締め切っているとウイルスが強くなります。そして感染力も高くなります。
換気すると空気も流れ、ウイルスが部屋内で停滞せずに、流れていきます。

部屋の換気は、1~2時間に1回5分程度で行うと効率が良いです。家の真対角にある窓を開けて換気を行うと、部屋の空気も入れかわりやすいです。


スポンサードリンク



インフルエンザが家族に感染しやすい期間は

インフルエンザは、かかりはじめ症状が出る前の潜伏期から、すでに感染している人の体からウイルスを排出させて他の人に感染させます。
体からのウイルスが増加する時期は5日~7日程度です。

特に一番多くウイルスをばらまく期間は感染して発症後3日目です。
もっともウイルス感染力が高いのは3日目が危険です。

また、熱が下がったとも最低でも2日間はウイルスを出し続けるので、
治ったから大丈夫と油断しないようにしましょう。

感染しないためにも最低7日は、予防対策をしっかりしておくことが望ましいといわれています。

インフルエンザの家族を看病するときの注意点

インフルエンザにかかった家族の人から、一番、感染しやすい人は、かかった人を看病している人です。
看病となると余計にインフルエンザウイルスをもらってしまう可能性が高くなります。

インフルエンザの家族を看病するときに気をつけたい注意点を紹介します。

・看病する人は一人に決める

家族でインフルエンザにかかっていると誰かが看病しないといけません。
インフルエンザにかかっているとはいえ、ほったらかしにするわけにはいきません。

家族みんなが心配する気持ちはわかります。でも発症した家族と接触して家族がみんな感染してしまっては問題です。
そのためできるだけ家族で決まった人一人だけが看病するようにしましょう。


・手袋を使う

いくら、手洗いが感染対策に有効だとはいえ、手洗いだけでは100パーセント感染を防ぐことはできません。
使い捨て手袋を使うなどをして完全にウイルスに接触しないようにすることで感染する可能性を極力低くすることができます。

インフルエンザにかかっている家族部屋に入るときは手袋をつけておいたほうがよいでしょう。

看病する際、直接インフルエンザにかかっている家族に触れたり、使ったあとの鼻水のついたティッシュの処分や、汗のついた服を取り替える場合
触れたりしても、直接手にウイルスが付着してしまうことは無くなります。

看病で使った後の手袋の処分は、マスクと同じく、ビニール袋に密封して捨てるようにしましょう。
ウイルスを撒き散らしてして、感染源になってしまいますから気をつけましょう。

洗濯物の取り扱いに注意


洗濯物もなるべくインフルエンザにかかっている方の衣類、使ったタオル、シーツも別々に洗濯しましょう。
また、部屋で脱いだ衣類や使ったタオルなどを洗濯機まで持っていく場合は、ウイルスを家中に撒き散らさないためにも、
それらを袋に入れて密封して移動するようにしてください。

まとめ

家族がインフルエンザに発症してしまうと、同居している家族に感染する確立が高くなります。
それを防ぐために家族で感染しないよう予防対策が必要になります。

予防対策として、

家族の部屋を別々にしたり、家族全員、家にいるときもマスクをして過ごすこと。
くしゃみや咳、鼻水などで、使ったティッシュやマスクは、ビニール袋に密封して捨てること。
手洗いをこまめにおこなう。部屋を換気して空気を入れ替える。
などが同居している家族がインフルエンザに感染しないための有効な予防手段です。

インフルエンザは、かかりはじめ症状が出る前の潜伏期から、すでに感染している人の体からウイルスを排出させて他の人に感染させます。
感染しないためにも最低7日は、予防対策をしっかりしておくことが望ましいです。
1週間程度は、しっかりと家族で予防策を徹底しましょうね。

家族がインフルエンザにかかったら、看病しないといけません。看病するときの注意点は同居している家族がみんな感染してしまっては問題です。
看病する人は一人に決めてみてあげましょう。

かならず、マスクをつけて手袋を使って、インフルエンザにかかっている家族の部屋に入ってティッシュの片付け、
着替えの洗濯、シーツの取替えをおこないましょう。

スポンサードリンク