毎年、お盆に実家に帰っていらっしゃる方も多いと思います。
実家に帰るときに、お仏壇にお供えをしますが、何がいいんでしょうかねえ~。

実家なので、あまり気にしないでお仏壇のお供えを選んでいました。
毎回、同じようなお菓子やクッキーなどにしていました。

しかし、お盆には親戚の人もきて、お供えをきちんとしてくれています。
そのお供えを見て、うちもきちんとしたお供えをしないといけないなあと思ったんです。

今までのお供えでは、お供えしてくれている親戚に恥をさらしているようなもんだ
これじゃダメだ!!

そこで、今回は、お盆のお供え物は何が良いのか?決まりごとはあるのか?
のし紙の種類や書き方はどのようにしたら良いのか?


について調べてまとめてみました。






お盆のお供え物は何が良いのか? 決まりごとはあるのか?



お盆のお供えはご先祖様に感謝して、供養をするための慣わしです。

お盆のお供えに決まりごとはありませんが、故人やご先祖様が生前好きだったものや、ゆかりのあるものを選んでお供えするのが良いとされています。

また、その地域や家庭によってお供えの決まりごとがあるところもあるので、あらかじめ実家に確認しておき、その場合は決まりごとにしたがってお供えしましょう。

お盆のお供えは、日持ちするものが基本です。生ものなどは、お供え物としてお仏壇の前においていくことができないのでやめましょう。

お盆の時期は殺生をしてはいけないと言われていますので、肉や魚のお供えもやめましょう。

お供え物として代表的なものは、果物、お菓子、飲み物などですが、お金でお供えすることもあるそうです。



お金でお供えするときの相場と注意


果物やお菓子などのお供えものを用意できなかった場合はお金でお供えしても大丈夫なのか?
また、その地域や家庭のお供えの習慣としてお金をお供えする場合に相場はいくらか?
お金でお供えする場合の相場は?
について調べてみました。

果物やお菓子などのお供えものを用意できなかった場合はお金でお供えしても大丈夫です。
また、お金をお供えするときの相場の金額というのは、初盆それ以降で変わってきます。

初盆にお金でお供えする場合は1万円~です。それ以降のお供えは3000円~が相場です。

あと、お供えでお金を入れる袋を用意してください。
お金を裸のままでお供えしてはダメです。

お供えのお金の袋には、「御仏前」「御供物料」と書いて御仏壇にお供えします。

一般では、お金をお供えするのは初盆で多く、それ以降のお盆では、食べ物や飲み物のお供えが多いようです。






お盆のお供え物の商品の選び方


お供えには、食べものや飲み物が良いのですが、具体的にどのようなものがいいのか??
どんなものをお供えとして選んだら良いのか?
について調べてみました。

お盆には、御仏壇がお供えものでいっぱいになります。
ずっとお供えを置いておくわけにはいきませんので、お盆に来てくださった親戚の人にお下がりとして持って帰ってもらいます。

ですから、みんなに分けやすく個別に包装されている品物や、個体がそれぞれで分かれているものがお供えものとして適しています。

焼き菓子、クッキー、お饅頭、スナック菓子、ゼリー
日持ちもしますし、分けやすいです。 個別に包装されていないものは、お盆にきてくださった方へのお茶菓子としてお出しします。

焼き海苔、ふりかけ、調味料セット、昆布、高野豆腐、その他乾物食品
食材として使われるものはお下がりで、主婦に喜ばれます。家にあっても困らないものですから、お供え物に適しています。

コーヒー、お茶、砂糖、ジュース、お酒
長期保存ができますし、どの家庭でも使われるものだと思います。 ペットボトルに入っているものや缶に入っているものは、みんなで分けやすいです。

果物、缶詰
果物や缶詰は、保存もききますし個々に分けやすいです。八百屋さんやデパートにいくと、お供え用の果物かごとして売られているとこもありますね。


基本的には、日持ちするもので好んで食べてもらいやすいものや使えるものがいいですね。
お菓子や果物は、日持ちしますし好きな人も多いですし、大人から子どもまで喜んでもらえますのでオススメです。


お盆のお供えにのし紙が必要か?のし紙の種類は?


お盆のお供えにのし紙は、基本付けましょう。
また、のし紙は外のしにしましょう。

理由は、誰が何をお供えしたのかわかるようにするためです。

デパートやお店などでお供え物商品を買ったときに、サービスで商品を包装してくれたり、のし紙をつけてくれたりしてくれるところがあります。

そのようなところでは、店員さんに「お盆のお供え用ののし紙にしてください」と伝えると、うまい具合に包装してのし紙を付けてくれますのでオススメです。

自分で包装して、のし紙を付ける場合は水引きの色をどうするかが問題です。

水引きは、黒白か黄白になります。紅白はダメです。

お盆のお供えの水引きは関東では、黒白の水引きが使われ、関西では、黄白が選ばれる傾向にあるようです。

関西では初盆や葬式は黒白の水引きですが、その後黄白ののし紙が使われることが多いです。

のし紙の水ひきの色で、黒白か黄白かどちらにしていいのかわからない場合は、黄白にしておくと問題ないでしょう。

のし紙も、その地域や家庭によっても慣わしがあったりしますので、実家に確認しておくと良いでしょう。
のし紙の表書きには、「御供」と書きます。下に自分の名前を書いて、外のしで品物に貼り付けます。




まとめ

実家のお盆のお供えも適当に選んで、適当にお供えしていましたが、しきたりや慣わしに従ってきちんとやるほうがいいですね。

自分がお供えしたものは、お仏壇で親戚にもみられますので、恥をかかないようしたいです。お供えものは、ご先祖様だけでなく、お下がりとして受け取る親戚の人にも喜ばれる商品にしたいですよね。

私は、昨年はデパートで箱に入ったゼリーを買ってお供えしました。実家や親戚にもとても喜ばれ好評でした。親戚にも子どもが多いですし、お盆の時期はとても暑く喉越しの良い食べ物が良いと思いました。また保存も利きますのでオススメです。