インフルエンザは毎年12月~3月にかけて流行します。
やはり、この時期はかからないように気をつけていきたいですよね。
インフルエンザは予防接種を済ませていても油断はできません。


この時期に体調が悪くなったあなた。
もしかしたらインフルエンザかもと疑い、不安になっている方もいるのではないでしょうか。

今日は、インフルエンザの症状や病院へ検査に行くタイミング、
外出はいつまで控えたらいいのか。

についてお話します。

スポンサードリンク



インフルエンザの症状は

まずは、インフルエンザの症状は、一般的な風邪の症状とはどこがちがうのでしょう。
インフルエンザと風邪の症状の違いを理解しておきましょうね。

一般的な風邪の場合は、発熱は微熱で 、のどの痛み、鼻水・鼻づまり、せき、くしゃみ等 などが主な症状です。そして、症状の経過もゆるやかで、抵抗力が落ちていると徐々に悪くなるのが、普通の風邪の特徴です。

一方、インフルエンザの特徴は、インフルエンザウイルスに感染した後に、約1~3日の潜伏期間があります。その後にインフルエンザを発症し症状が出てきます。

普通のかぜと違うのは、突然の38℃以上の「高熱」 が出ます。さらにそれが持続するため、 関節痛や筋肉痛、頭痛 などを引き起こし、 食欲不振や全身倦怠感の「全身症状」が強く現れるのが特徴です。

その後、せきやのどの痛み、鼻水などの普通の風邪と同じような症状が出ることもありますし、 腰痛や吐き気などの症状を訴えることもあります。通常は、およそ1週間くらいで症状が落ち着き回復していきます。

インフルエンザの予防接種をしている場合で、インフルエンザにかかった場合は症状が軽く出ることがあります。そのような場合は、「ただの風邪かな?」と思ってしまい病院に行かないで放置してしまう場合もあります。
12月~3月のインフルエンザ流行期間に疑わしい症状になった場合は、 他人に移すのを防ぐためにもまずは病院で検査してもらいましょう。

インフルエンザの症状がでた場合の病院へ行くタイミングは?

「インフルエンザかな?」と、 疑がわしいときは一刻も早く病院に行きたくなりますが、少し待ってください。

なぜ?と思われるかもしれませんが、 行くタイミングを間違うと、また、受診し直しになる場合があるからです。
実は、インフルエンザはいつ病院に行ってもいいというわけではないのです。

それには、理由があります。
発熱などの症状が出たからといって、すぐに病院を受診してもインフルエンザの検査は、陰性になることがあるのです。インフルエンザウイルスに感染してから、 12時間以上経過 していないと陽性反応が出にくいんです。

なので、
受診のタイミングを間違えると 実際はインフルエンザなのに、インフルエンザではないと判断されてしまう可能性が高くなります。

私も、インフルエンザにかかったことがあるのですが、タイミングを間違えて何回も受診したことがあります。

前日に急な発熱があって、 病院で検査したときは陰性反応だったのに、次の日、熱が下がるどころか、さらに高熱になっておかしいと思い再度受診したんです。 再び病院で検査した結果がインフルエンザ陽性になっていたことがあります。

これって結構あるようです。発熱後、12時間以上経過してない場合は病院で検査しても、陽性か陰性かを、判断できないことがあるのです。

インフルエンザウイルスは発症してから48時間はウイルスが増え続けていくのが特徴です。そのため、インフルエンザの薬、リレンザ、タミフルなどは48時間以内に服用した方が効果が高いのです。

このことから、インフルエンザにかかっているかなと思ったときに 病院を受診するタイミングは、 インフルエンザウイルスに感染してから12時間以上48時間以内の間がベストだということです。

以下の症状が出たときが、12時間以上、48時間以内のベストタイミングですので、参考にしてください。

①悪寒や関節痛がでてきた。

②倦怠感などの症状が強くなってきている。

③38~40℃以上の高熱がでてきた。


このような症状があった場合は、受診してください。インフルエンザ陽性になる可能性が高くなります。


高熱は高齢者や幼児など 身体の弱い人、免疫力が低い人にとっては、 合併症や深刻な脱水症状を引き起こす場合もあるので、以上にあげた症状がでてきたら、早めに受診する事をおすすめします。

どうせ治るからと、放置しないようにしてください。重症化して肺炎になったりすると命の危険に関わることにもなりかねません。

スポンサードリンク



インフルエンザの症状で外出を控えるのはいつまで

熱が下がって症状が治まったら外出してもいいのでしょうか?

ダメです。

でも、「仕事が山のようになっていたらどうしょう」とか「休んだことで、他の人に迷惑かけているんじゃないか」と思ってしまいます。どうしてもあせってしまいますよね。


しっかり治ってからでないと、家からでてはいけません

インフルエンザは伝染病です。

保健法などでは発症から7日間は感染の危険があると言われています。また、病院などでも1週間は、仕事を休んでくださいといわれることが多いです。

インフルエンザの高熱は、薬の効果で下がりますが、感染力はまだ高く、実際にはまだ完治していないのです。 熱がさがっても、他の人に感染させる可能性があるのです。


受診してインフルエンザ陽性だった場合、インフルエンザのお薬を出してもらいますが、リレンザもタミフルも5日間処方されます。 必ず5日間は症状が途中で良くなってきても残さず飲み切ってくださいといわれます。


インフルエンザウイルスは、5日間は体内にウイルスが潜伏しているので、しっかり薬でやっつけなくてはいけません。

どこのお医者さんでも5日間薬をだして服用させて、熱が完全に下がって2,3日たっていれば完治していると判断します。その上で、1週間後に再度受診してもらい、外出しても良い許可を出すのです。

自分がインフルエンザに感染していると診断されている場合は、まずは、12時間以上48時間以内に受診をし、その後発熱などの症状がなくなっても、 周囲の方を守るため、発熱やせき、のどの痛みなどの症状がはじまった日の翌日から1週間は外出しないことです。

また、 インフルエンザの症状も人によって違います。完治するのも1週間以上かかる場合もあるでしょうし、数日で完治する場合もあります。

あせらないで、しっかり完治した上で外出するようにしましょう。
しっかり完治しないと肺炎になったり、命の危険にもなりかねなくなるまで、重病になったりする場合もあるので、気をつけましょうね。

まとめ

インフルエンザの特徴は、突然の38℃以上の「高熱」が出ることです。
関節痛、筋肉痛、頭痛などの他にも、 全身倦怠感や食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。

病院に行くタイミングは、インフルエンザウイルスに感染してから12時間以上48時間以内の間に受診してもらうことです。

しかし、なかなか自分で、感染してから12時間以上だとか、48時間以内だとかの判断は難しいところだと思います。

病院に行かず、「どうせ安静にあいていたら治るだろう」と放置しないようにすることです。肺炎になる恐れもあり生命危機に関わることにもなりかねませんから、はやめに病院に行って検査を受けたり、薬をもらって対処しましょう。

また、熱が下がったので、「もう感染しないだろうから大丈夫」とか、自分の判断で人がいるところに外出しないようにしましょう。熱が下がったからインフルエンザの感染力は無くなるわけではありません。

私も、以前インフルエンザにかかったことがあります。最初は、悪寒が走り、熱がでて、ただの風邪かなと思っていたら、40℃以上の高熱がいきなりでて、全身倦怠感におそわれました。

関節痛、筋肉痛がでて、トイレに行くのもつらくなり、「インフルエンザかな?」と思ってマスクをしました。夕方から、インフルエンザの症状がでたので、次の日に病院を受診すると、検査をしたらやはり陽性でした。

発症後、12時間以上48時間以内かどうかを先生に聞かれました。
リレンザやタミフル処方されました。

2-3日で、症状は無くなり、完全に治ったかな。明日から仕事にいけそうだなと思い、職場に電話して「明日からいけます」と伝えると、職場の上司に、「もう一度病院にいって、インフルエンザの検査をして「陰性」になっていたらきてください」

といわれ「それもそうだな・・・職場のみんなに感染したらたいへんだもんな」と思いながら、「もう熱も下がったんだから大丈夫、どうせ検査しても「陰性」だろう」と思い病院にいって再度検査をするとまさかの「陽性」でした。

病院の先生いわく、「1週間は仕事を休んでください」と言われました。
1週間後に再び病院に行って検査をすると「陰性」と診断され、先生に許可を得て仕事に行くことができました。

しかし、インフルエンザ「陽性」なのに、受診して検査して確認しないで職場に行っていたら、職場に人たちは、自分のインフルエンザウイルスに感染していたんじゃないかと思うと、とても恐ろしくなりました。

みなさんもインフルエンザにかかったときは早めに受診して、検査して、陽性の場合にはきちんと完治した上で、仕事に行ったり外出するようにしましょうね。

スポンサードリンク