仕事中、咳がひどい
時々咳が止まらないことがある。
咳止めを飲んでも収まらない


そんな咳の症状で悩んでいませんか?



毎日、激務の仕事、プレッシャーおしつぶされそうにもなりながら、
頑張っている30~40代の男性サラリーマンの方!

長い期間、咳の症状が治らなくて悩んでいませんか?

咳がひどいと、仕事もできないですよね。

咳は、風邪やアレルギーなどが原因であることが多いですが、
あなたの咳が止まらないの原因はストレスかもしれませんよ。

私も、半年間ぐらい咳が止まらない時がありました。

いつまでたっても治らなく、病院に行って、薬をもらって治療したりもしましたが、
3ヶ月以上治らなかったんです。

もしかしたら、咳の原因はストレスかも?

と思うようになりました。

咳がでる場面というのが毎回、決まってでるんです。
とくに、職場で、追い詰まれたときに咳がでてくるんです。

でもどうしたらいいの?

実は、ストレス性の咳は、ある方法で完全に治ります。

疑いたくなる気持ちはわかります。でも本当なんです。

今回は、ストレス性の咳悩まされた私が、実践した治す方法について
ご紹介します。

ストレス性の咳でお悩みの方は、紹介する方法で治るかもしれません。

スポンサードリンク


ストレスの咳の特徴は

ストレスで咳が出る場合、以下の特徴があります。

・仕事中に激しく咳き込むことがあり、咳がしばらく止まらない。
・ゴホゴホ!ゲホゲホ ゴロゴロ、ゼエゼエ と言ういかにも重い咳では無く、コンコンと軽い咳が出る。
・夜寝るときやリラックスしているときは、咳がでない。
・喉が渇くことが多い。
・病院を受診しても、原因がわからない。
・咳止めの薬を飲んでも症状が治らない。


ストレスは原因の咳の場合、内科よりも精神科か心療内科を受診するほうがよいと思います。

スポンサードリンク


ストレスの咳を治す方法

咳の原因となっているストレスを感じることをやめれば、咳が治るはずです。
仕事のストレスが原因であるなら、仕事を辞めればストレスがなくなり、咳がなくなります。

しかし、簡単に仕事を辞めるなんてできないですし、家族がいたらなおさらですよね。

では、どうすればいいの?




まずは、仕事が原因のストレスの咳の場合は、精神科か心療内科を受診してください。
咳がストレス性のものなのかどうか診断してもらってください。

ストレスが原因だと診断されれば、診断書を書いてもらいましょう。
それをあなたの会社に提出しましょう。

会社を辞めるのではなく、病気休暇をもらうように診断書を書いてもらいましょう。
病気休暇の日数は、お医者さんとよく話しをして決めましょう。

病気休暇なら、休暇中の給料はきちんと出ますし、家族に経済的な迷惑をかけなくてすみます。
また、咳が治ったら、仕事にも復帰できるのでよいです。

また、私の場合は、病気休暇をもらい、休暇中ずっと心療内科で、
ストレス治療のカウンセリングを受けていました。

休暇中は、仕事をしていないので、咳はでませんが、仕事に復帰するとまたストレスで咳が再発する場合があると医者に言われたので、
仕事に復帰してもストレスを感じない体質にするため、カウンセリングに通い続けていました。

私の病欠期間は、3ヶ月ほどでしたが、咳も完全に治り、仕事復帰後も咳がでなくなりました。

あと、私の主治医から聞いたのですが、仕事のストレスで咳が止まらない人というのは、結構いるようです。

そのような場合は、仕事から離れてゆっくり休暇をとり、咳を治すのがいいのだとおっしゃっていました。

まとめ

ストレス性の咳は、特徴があるので、もしあなたの咳が先に紹介した、特徴に当てはまるようなら、
早めに精神科か診療内科を受診することをお勧めします。

スポンサードリンク