インフルエンザ症状の特徴は、熱が38℃以上の高熱が出ることです。
普通の風邪とちがうのは、高熱がでることなのですが、

インフルエンザにかかっても38℃以下の熱だったり、逆にインフルエンザなのに熱が出なかったりする場合もあるようです。

そのため、インフルエンザなのかどうなのか判断が難しいときがあります。




病院に行って検査すればインフルエンザ陽性かどうかわかりますが、熱がでていないとなると、インフルエンザではないのかも?

病院にいかなくても、ある程度インフルエンザか、そうではないかの判断方法
をご紹介します。


スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">



インフルエンザの症状の高熱の特徴


インフルエンザに感染すると38℃以上高熱だけでなく、悪寒や倦怠感、頭痛といった全身症状が現れ、高熱が続く期間が3~4日続くというのが特徴です。

風邪の症状とよく似ていますが、風邪は発熱も38℃以下の場合が多いです。特に喉の痛み、鼻水、咳が主な症状になります。

インフルエンザは発症してから12時間~48時間以内に、タミフルリレンザなどの抗インフルエンザ薬を飲むことで治療します。

インフルエンザにかかっているなと思ったときは、この発症しているかなと思われる12時間~48時間以内がポイントです。その間に医療機関を受診するようにしましょう。





スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">




熱が出ないインフルエンザはではないのか


インフルエンザに感染すると必ずしも高熱が出るということではありません。
インフルエンザに感染して熱が出なかったり、下がってしまったり、熱が低かったりするのは次の2つの場合が考えられます。


①インフルエンザC型に感染している場合

インフルエンザの種類には、A型・B型・C型があります。
インフルエンザA型は最も一般的な種類で、多くの人が感染力が強いA型に感染します。

C型は、感染すると熱はあまり出ないという特徴があります。C型にかかるのは、免疫力が弱い5歳以下の子供がほとんどなのです。大人が感染することはほとんどありません。

また、C型は感染力の弱さや、症状がひどくならないので、流行することはほとんどありません。
そのため、風邪と勘違いしてしまう場合が多いのです。

実は、普通に行われているインフルエンザ予防接種のワクチンは、A型とB型のワクチンが入っているので、効果がありますが、C型のワクチンが含まれておらず効果がないのです。
A型とB型の感染力や症状は強烈ですが、C型は、感染力や症状も弱いためだと思われます。

インフルエンザ予防接種を受けている場合



インフルエンザ予防接種は、その年に流行りそうなA型、B型インフルエンザウイルスが入っており、それをあえて体内に注射します。
ウイルスに感染しても大丈夫なように体内に抗体を作り、そのため、A型やB型の症状のきついインフルエンザに感染しても、症状が軽く、高熱も出なかったり、高熱が出てもすぐに下がってしまったりする場合があるのです。

インフルエンザの特徴である高熱がでる症状と違うため普通の風邪だと思ってしまいます。

しかし、インフルエンザウイルスに感染していることに違いはありませんので、職場や学校にいったり、人が集まるところに外出することで感染をひろげてしまうことになります。

インフルエンザなのか、普通の風邪なのかわからない場合は、とりあえず病院を受診しましょう。



まとめ

インフルエンザは熱が38℃以上の高熱が出るのが特徴です。普通の風邪は熱がでても高熱になることはありません。
しかし、インフルエンザにかかっても38℃以下の熱だったり、逆にインフルエンザなのに熱が出なかったりする場合もあります。
このような場合普通の風邪と間違えてしまいます。

インフルエンザに感染しているのに熱が出なかったり、すぐに下がってしまったり、熱が低かったりする場合には以下の要因が考えられます。
1つめの原因はインフルエンザC型に感染している場合。C型に感染した場合の症状というのは比較的軽く、感染力も弱いのです。
2つめの原因はインフルエンザ予防接種をしている場合には、症状への抗体がすでにできているので、症状が軽く高熱も出なかったり、
高熱が出てもすぐに下がってしまったりする場合があるのです。

インフルエンザか風邪かの判断は、自分で判断しないで、やはり受診して検査してもらうのが 一番確実ですね。


スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">