日本人なら、誰もが、お箸を使って食事をします。

毎日の食事、使わない日はないお箸です。



普段は意識しないで、何気なくお箸を使っていると思いますが、

その意識しないでお箸を使っている行為がマナー違反かもしれません。

迷い箸やねぶり箸など、お箸の使い方にもしてはいけないマナー違反があります。

一度、この機会にしっかりと箸のマナーを身につけておくのはどうでしょうか?

そうすると会社の人や知人との一緒に食事することも恥ずかしくありません。

箸の正しい使い方、マナーも以外に知られていないことが多くありますので必見です。

スポンサードリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">




お箸のマナー


まずは、お箸のマナーについて基本的なことです。

お箸の持ち方正しく持てていますか?お箸の持ち方はその人を写すといわれ、箸のマナーをいう前に、箸の持ち方を見直しましょう。

箸の持ち方を他の人から直されるのは、子どもの時までで、大人になって箸の持ち方を直したりしませんよね。

大人が、箸の持ち方を指摘されるというのは、かなり恥ずかしいです。

また、間違った状態で公の場に出るのも恥ずかしいものです。

箸の持ち方は動画で



ポイントですが、

箸の持つ位置は、真ん中よりも少し上が良いでしょう。見た目がよくなります。
上になる1本の箸を、親指、人差し指、中指で支え、下になるもう一本の箸は、薬指、小指で支えます。まとめて持つのはダメです。

箸を動かすのは、上の一本だけです。箸を交差させて使うのはダメです。

あと、箸を持つ手できになるのは、爪です。長い爪は箸を使っているときもひっかかったりしますし、他の人から見ると見苦しいですから、爪は適度な長さにお手入れしとくべきですね。


箸の持ち上げ方


食事をするときに、目の前の箸を取り上げるときにもマナーがあるのです。

家などでは、箸置きを使わない場合が多いかもしれませんが、箸置きに箸が並べられているいる場合は、箸を取り上げるを作法でやると見た目でとても美しくみられるでしょう

箸を取り上げる時の作法は「三手」を行うのが基本です。

1、まずは、右手で2本の箸の真ん中あたりを上からつまんで少し取り上げてください。
2、少し取り上げたら左手で箸を下から支えてください。その際、下から支える左手と上から取り上げている右手が箸の同じ場所にならないように、右手は少し箸の上のほう(箸の太いほう)に滑らすようにずらして移動してしましょう。
3、移動した右手は、左手と同じように箸を下から支えて、正しい位置で箸を持ちましょう。


使った箸をおくときもマナーがありますが、取り上げる作法の逆で行いましょう。

1 使った箸を横にそろえて両手で下から持ちましょう。
2、左手で箸を下から支えながら、右手で2本箸を上からつまみましょう。
3、左手を離して、右手で、箸置きに箸をそろえて置きましょう。







片手で箸を持ち上げるマナー


日本では、飯椀を持ち上げて食べることがマナーですので、片手が飯椀を持ち上げていると、箸を両手で取り上げれないということになりますね。

ではどうすればいいのか?

飯椀を持つのは、箸を持ったあとに取り上げればいいのかということになります。

それでもいいのですが、飯椀に蓋がされている場合は両手を使ってあけたほうが良いので、箸をいったん置かないといけなくなります。

箸をいったん置かなくても飯椀を持ちながら、片手で箸を取り上げる作法があります。

1、箸を持っている手を版椀からはずして箸を取り上げましょう。

2、版椀を持った手の人差し指と中指で箸をはさみましょう。

3、箸を持つ手を版椀の下に滑らして持ち直しましょう。




割り箸のマナー


食事をするときに普通の箸ではなく割り箸を使うこともあるでしょう。
割り箸を割るマナーもあるのでその作法をご紹介します。

まずは、割り箸をとりあげ、膝の上に移動しましょう。
膝の上に割り箸をおくのではなく、膝の上で割り箸を両手で割るのです。また、割るときは、左右の手で箸を1本ずつ持って、上下割ってください。

左右で割りがちなんですが、上下に割るのが良い作法です。

割り箸は割った後、木くずをとるために、箸同士をこすりあわせたりする方も多いですが、これはマナーに反するのでやめてください。

木くずがどうしても気になるのであれば、手でとりましょう。


スポンサードリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">





箸を汚して食べてはいけないマナー


箸をつかって食べ物を食べるんだから、箸はどうしても食べ物でよごれるんじゃないかと思われるかもしれません。

実は、箸は汚してもいいのは、箸の先の3センチまでというマナーがあります。

箸先3センチ以上の汚れるような食べ方は、箸の使い方が悪く、他人から見ると、下品に見られている可能性が高いです。

上品に見られるように食べるには、箸の使い方や口に運ぶ量に気を配ったほうが良いですね。


箸を休める時のマナー


箸を休ませるときもマナーがあります。箸を休ませるとは、食事中、ちょっと箸を手から離すことです。

箸をやすませる時に箸置きにきちんと置いていますか?

箸置きが無い場合は、箸袋の上でも良いです。

箸をテーブルの上に直接置くのはダメです。

お茶碗や、お皿の上に置くのもダメです。

お皿のふちに箸先だけ置くのもダメです。

箸を休ませるとき、何気なく目の前に置いてしまいがちですが、マナー違反になるので、気をつけて行うようにしましょう。




箸の使い方で絶対にしてはいけないマナー違反があります。

嫌い箸」です。昔から無作法と呼ばれている使い方です。


どのような使い方があるのか

握り箸:2本の箸をまとめて握ってつかうこと。

ねぶり箸:箸をペロペロなめること。

噛み箸:箸をかむこと。

寄せ箸:器を箸で引き寄せて移動すること。

渡し箸:箸を器にのせて、橋渡しすること。

刺し箸、立て箸:食べ物に箸を突き刺すこと。仏箸ともいう。

探り箸:器の中で箸で食べ物を寄せたりして探ること。

迷い箸、移り箸:食べ物の入った器の上で箸を行き来させて迷うこと。


横箸:箸をそろえて料理をすくうこと。

涙箸:食べ物を箸で運ぶとき、ポタポタ汁をこぼしながら口に運ぶこと。

持ち箸:片手で箸と器を持つこと。

押し込み箸:口の中に食べ物を押し込むこと。

そのほかにもいっぱいありますが、これくらいは知っておいたほうが良いと思います。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段、意識しないで箸を使って食べていますが、箸のマナーや作法があります。1つ1つ覚えるのは、面倒かもしれませんが、覚えておくと会社の人や知人との一緒に食事するときも恥ずかしくありませんね。また、気持ちよく美味しくいただきたいですから、マナーや作法は大切だと思います。

私も実は箸の持ち方ができていなかったことがあります。

箸の持ち方が間違っているのはわかっていたけど、直すのがじゃまくさくて、ほったらかしにしていました。

ある日会社の食事会で、部下の女性社員から、「○○さん 箸の持ち方 おかしくないですかぁ」と軽めに指摘されたことがあります。

めちゃくちゃ、恥ずかしい思いをしてすごくプライドが傷ついたことをきっかけに持ち方を直しました。

たかが箸の持ち方ですが、私のように人前での食事で恥ずかしい思いをしないためにも、持ち方やマナーや作法も覚えておくとよいでしょう。

スポンサードリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">