2017年もジメジメして嫌な梅雨の季節がやってきます。

近畿地方 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、三重県、和歌山県、滋賀県にお住まいの方は今年の梅雨がどうなるのか、気になりますよね。



特に、天候に影響されるお仕事をされている方にとっては重大問題ですから知っておきたいはずです。

2017年の近畿地方の梅雨入り、梅雨明けがどうなるのか気象庁のデータを元に予想していきます。

2017は例年と少し違うようですから、気になりますよね。

スポンサードリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">




梅雨入り 梅雨明けはどのようにして決まるのか?

気象庁は「○月○日」が梅雨入り「○月○日」が梅雨明け というような、日を確定して発表はしていません。

「○月○日」という表記にしています。

なぜ日を確定しないで、「○月○日」というような発表しているのか

それは、梅雨入り、梅雨明けの日の決め方があるからなのです。

梅雨入りは、比較的天気の良い日が続いてから、その後日照時間が少ない時期に入るまでの移り変わり時期が5日程度あります。

そのちょうど真ん中の日を入梅りと決めるのです。

過去の近畿地方の梅雨入りのデータ毎年いつ頃、梅雨入り、梅雨明けをしているのかを参考にしながら、1週間後までの中期予想を組み合わせ、晴れが続いている日から、今後天気が悪く雨が続くと予想をして
実際に雨が降り出した日を入梅りとしているそうです。

反対に雨続きから、中期予想で晴れが続くと予想して、最初に晴れた日を梅雨明けとしています。


2017 近畿地方の梅雨入りはいつ

2017の近畿地方の梅雨入りを予想します。

気象庁の梅雨入り予想の方法もまずは過去の近畿地方の梅雨入りのデータ、毎年いつ頃 梅雨入り、梅雨明けをしているのかをみて、今年はいつぐらいかを検討しています。

過去66年の近畿地方の梅雨入りデータをみると、最も早く梅雨入りをした年は、1956年と2011年の5月22日頃です。最も遅く梅雨入りをした年は、1958年の6月25日頃です。

気象庁の66年間の梅雨入りした日の平均値を計算すると5月31日頃から6月10日頃までになるので、2017年の梅雨入りは、この期間内になると予想されます。

気象庁の発表では、6月7日頃と予想されています。

気象庁ホームページ



スポンサードリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">





2017近畿地方の梅雨明けはいつ?


2017の近畿地方の梅雨明けを予想です。

気象庁の近畿地方の梅雨明けの過去66年のデータをみて、梅雨入り同様の方法で平均値を出す方法で、今年の梅雨明けを検討します。

過去、最も早く梅雨明けをした年は、1978年7月3日頃です。最も、遅く梅雨明けした年は2009年8月3日頃です。

気象庁のデータから66年の梅雨明けのデータから、平均値を計算すると、7月15日頃から7月24日頃になります。

気象庁は2017年の梅雨明けを7月21日頃と予想しています。

気象庁ホームページ






スポンサードリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">




近畿地方の梅雨明は他の地方とは違う


近畿地方の梅雨は他の地方にない特徴があります。気候が年間を通して安定しています。また雨量も少ないのです。

しかし、梅雨時期の雨量も少ないわけではなく、局所的に降るといわれています。

近年では、予想できない大気の不安定が起こりやすくなっており、ゲリラ豪雨も起こることが多くなっています。

2017年もこのようなゲリラ豪雨被害が多くなるのではと予想されているそうです。

ゲリラ豪雨も年々被害が多くなってきていますので、2017はさらに気をつけたほうが良いかもしれません。






まとめ

いかがでしたでしょうか?

2017の近畿地方の梅雨入りは6月1日~5日頃で、梅雨明けは7月18日~24日頃になると予想されます。
2017の梅雨時期にはゲリラ豪雨が起こる可能性があるので注意しましょう。ゲリラ豪雨の現状では予測が難しいのですが、普段からの備えることで、被害から身を守ることができます。
普段から安全情報を入手して、いざというときに備えておいたほうがよいですね。



スポンサードリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">