毎年 花粉症で悩まされている方多いですよね。

今年も猛威を振るうと予想されています。
花粉症で毎年悩まされている方は、対策を考えておきたいですよね。

花粉症の症状は、主に、鼻水、目のかゆみやくしゃみ、咳の症状ですが、
頭痛を引き起こすことも多く、
花粉症で発症する頭痛は結構、やっかいなのです。



花粉症の季節の時期に毎年ひどい頭痛に悩まされるという方も多いようです。

今回は、
なぜ花粉症で頭痛が起こるのか?
花粉症が原因で起こる頭痛対策と解消法について

について紹介します。




スポンサードリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">





花粉症で起こる頭痛


花粉症のメインの症状は、鼻水、目のかゆみ、くしゃみ、咳です。

頭痛は、メインの症状ではなく二次症状なのです。なので花粉症になったから、
頭痛を必ず起こしうるということはありません。


花粉症が原因で頭痛が起こる場合というのは、
花粉の量が多いときにや花粉が猛威をふるっている年に頭痛を引き起こしやすいのです。


理由は、花粉が気道に入ってくるのが多くなると鼻の粘膜が起こすアレルギー反応が強くなり、
気道が腫れてしまうからです。


気道が腫れると空気を取り込む道が狭くなってしまうので、
取り込む酸素量が少なくなってしまいます。

気道の腫れが神経を圧迫するのと、
取り込む酸素量が減ってしまい脳が酸欠状態になってしまうので頭痛を引き起こします。

脳が酸欠状態になると、夜、寝つきがわるくなったり、睡眠不足を引き起こします。
睡眠不足が頭痛を引き起こす原因になったりもします。

呼吸が苦しくなると、無理をしてでも空気を取り入れようとしてしまうため、首や肩の筋肉に負担がかかります。
それが肩こりを引き起こし、肩こりが酷くなり、頭痛を引き起こしてしまう原因もあります。



花粉症で起こる頭痛対策と改善法


花粉症で引き起こされる頭痛は、花粉症が原因ですから、
花粉症の症状を軽減させることで頭痛は解消されます。

しかし、一番良いのは、病院を受診して、花粉症のお薬を出してもらって、
花粉症の症状と改善するのが良いのですが、
どうしても、病院に行くことが難しい方は、以下の方法を試してみてください。



①マスクをする。
食事や入浴以外は、マスクをして過ごすことで、口や鼻に花粉が入るのを防ぐことができます。
睡眠中もマスクをすることで、気道が乾燥して炎症を起こし腫れるのを防ぐことができます。
マスクで息苦しくなる場合は、酸欠で頭痛を引き起こす場合があるので、
マスクではなく、別の方法を試してください。


②水分摂取
冷たい飲み物でなく、温かい飲み物がいいです。温かい飲み物は、
気道を拡張させる効果や、血流を良くしたり、代謝を高めて症状を軽減できます。


③帰宅後、すぐにシャワーやお風呂に入る。
身体についた、花粉を洗い流して、アレルギー反応を起こさないようにします。
お風呂に入ることで代謝があがり、気道を拡張させる効果や、血流をよくする効果もあります。
また睡眠効果もあるので、夜良く眠れます。
頭痛が激しく気分が悪いときは、お風呂に入ると、さらに気分が悪くなるので、注意しましょう。


④身体を温める。
温かい飲み物を飲むことでも、身体を温めることが出来ますし、 シャワーをする、お風呂に入ることでも身体を温めることになります。
部屋にいるときなど、なるべく身体を冷やさないようにすることです。エアコンで部屋の温度を調整したり、
何か1枚服を羽織ったりすることでも、身体は温かくなります。
身体は温めると、汗や尿として細胞内の水分が排出されやすくなり、花粉症の症状が軽減されやすくなるそうです。


⑤室内を加湿して掃除する
湿度をたかくすることで、気道が乾燥しにくくなり、気道の炎症を防ぐことができます。
また、室内の湿度を上げてやると湿気を吸って花粉は重くなるので、床に沈澱しやすくなります。
沈殿した花粉は消えてなくなくならず、人が歩いたりすれば、再び舞い上がってしまいます。
拭き掃除をして、完全にとり去りましょう。



スポンサードリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">






花粉症には、ヨーグルト



紹介した方法①~⑤に加えて、ヨーグルトを試してみてはいかがでしょう。



ヨーグルトが花粉症に効果があるというのは、テレビでも紹介されていたりして、
ご存知のかたもいらっしゃるかと思います。

ヨーグルトが花粉症の症状を緩和するのは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が効果があるのです。

乳酸菌を摂取することによって腸内細菌のバランスがとれ、免疫力を高めることが出来るため花粉症にも効果を発揮します。



花粉症やアレルギー症状を引き起こす方の9割以上で腸内環境が乱れている
場合が多いというのが医学研究で判明しているのです。

ただ、ヨーグルトを食べると花粉症の症状をすぐに抑えれるというわけではありません。

最低、1週間はヨーグルトを食べていただかないと効果が出てきません。
ヨーグルトは必ず乳酸菌入りのものを選ぶようにしてください。

また加糖タイプは体質改善に必要なビタミンBが減少してしまうのでプレーンタイプにしましょう。

花粉症に効果があると期待されている乳酸菌にKW、L55があります。

ヨーグルトは、KW、L55の乳酸菌が含まれているものから試してみてはいかがでしょう。


ヨーグルトも好き、嫌いがありますし、
乳酸菌KW、L55が会わない場合は、その他の乳酸菌のヨーグルトを試していただくのがよいでしょう。





まとめ

花粉症が原因で頭痛が起こる場合というのは、花粉の量が多いときに頭痛を引き起こしやすいのです。
花粉症からくる頭痛ですから、花粉症の症状を抑えることで、頭痛が解消するはずです。

マスクをする。水分摂取。シャワーやお風呂に入る。身体を温める。加湿して掃除する。室内を加湿して掃除する。
ことで、花粉症の症状が出るのを抑えることができます。

さらにこの方法に加えて、ヨーグルトを食べることで花粉症の症状を抑え、頭痛を軽減させることができます。


私も、毎年花粉の時期には、ひどい花粉症に悩まされます。
やはりひどい時は頭痛症状も出ます。

私の場合、身体が疲れているときに、花粉症の症状が出やすく、
特に、くしゃみ、鼻水がひどい場合に頭痛も出ることが多いです。

いつも、頭痛薬を飲んでしのいでいましたが、薬を飲んでも一時的で、また、頭痛がぶり返してきていました。
頭痛を繰り返している時期は、朝起きるのが、とても辛くて、しんどかったです。
多分、熟眠できていなかったために朝起きるのが辛かったんだと思います。

ある日、テレビで、花粉症には、「ヨーグルトがいいよ」といっていたのをきっかけに、ヨーグルトを試してみることにしました。

ヨーグルトは、もともと特に好きでも嫌いでもなく、時々あれば食べるようなかんじでしたし、
自分で購入して食べるようなことはありませんした。

KW、L55の乳酸菌の含まれたヨーグルトで、花粉症症状を抑え、夜も良く眠れるようになり、
朝も気持ちよく起きれるようになりました。

花粉症のくしゃみ、鼻水症状も改善され、頭痛の起こす回数も少なくなりました。



スポンサードリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">