日本の四季は、外国に比べて移り変わりがはっきりしているといわれています。
また、四季以外にも、季節をあらわす言葉があったりします。
たとえば、夏至、冬至、立秋、立春などです。

その季節をあらわす言葉に「穀雨(こくう)」
というものがあります。

今回、穀雨(こくう)についていろいろ解説したいと思います。




穀雨とは何か
2017の穀雨はいつなのか?
穀雨の意味 由来とは?
穀雨に食べられるものやイベントはあるのか?


穀雨(こくう)についてあまり知られていない情報もありますの是非ご覧ください。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">



穀雨の意味 由来について


まずは穀雨の意味について解説します。

穀雨とは二十四節気のひとつの季節とされています。

二十四節気とは、1年を二十四等分した季節の名前です。普通、季節は春夏秋冬の4つしかありませんが、
さらに細かく分かれているというものです。それぞれ二十四の気候に合わせた名前がついています。

夏至や冬至もこの二十四節気のひとつに含まれる呼び名です。


二十四節季は中国で使われていた季節の暦が日本に入ってきたという説と、
昔、月の動きをもとにして暦を決める太陰暦が季節にズレがあったため、暦として使えないので、二十四節季を使いはじめたという説があります。
現在は、太陽の動きを基にした太陽暦が使われています。太陰暦のズレは解消されています。

二十四節季は、現在でも季節の節目を表す暦の基準として幅広い業種や人に愛され使われている暦です。
二十四節気の中で、穀雨は、春の終わり時期とされ、立夏から夏の季節の間にある季節です。


wiki引用(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%80%E9%9B%A8)

二十四節気順番
立春→雨水→啓蟄→春分→清明→穀雨→立夏
→小満→芒種→夏至→小暑→大暑→立秋
→処暑→大暑→立秋→処暑→白露→秋分
→寒露→霜降→立冬→小雪→大雪→
冬至→小寒→大寒




種まきや、田植えの時期に雨が降ることが多いことから、「穀雨」と呼ばれるようになったという由来があります。

穀雨に降る雨は、「百穀梅雨」と呼ばれています。植物の成長を促してあらゆる穀物に恵みを与える 「ありがたい雨」だといういわれもあり、穀雨は、農業などを中心に、重宝されてきました。

京都穀雨動画



2017の穀雨はいつ?


2017年の穀雨は、4月20日になります。

また、穀雨の期間は立夏までですので、2017年立夏は、5月6日くらいまでですので、

2017年の穀雨の期間は、4月20日から5月6日くらいまでの焼く15日間までということになります。


この穀雨となる日は、地球から見た太陽の一年の軌道によって決められます。
軌道のことを二十四節季では、「黄道」と呼び、
穀雨は太陽が、黄道30度の地点を通過した日を穀雨としています。

2017年、太陽が黄道30度の地点を通過する日は4月20日となるわけです。
黄道30度を太陽が通過する日は、その年によって変わってきます。毎年4月20日にはならないのです。

歴史上では、穀雨となる日は4月19日か4月20日のどちらかの日になっています。

2019年までは、4月20日になるのですが、
2020年から2051年までは、黄道30度の地点を通過する日が変わってくるため、穀雨となる日も、4月19日になる日が年によってでてきます。

2020年以降の穀雨の日を計算する方法があります。

西暦を4で割ってその余りを確認する方法です。

4で割った余りが1.2.3の年の穀雨は、4月20日になります。
4で割って余りが出なかった年は、穀雨が4月19日になります。
ただし、2019年までは余りに関係なく、4月20日になります。


スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">



穀雨の時期に美味しい旬の食べ物、イベントなど


穀雨は主に、種まきをする時期であり、収穫の秋の時期ほど、旬の食べ物はないのですが、
穀雨の終わりの時期に八十八夜があります。

八十八夜といえば「夏も近づく八十八夜~♪」という茶摘みの歌でおなじみですが、新茶が美味しい時期なのです。
八十八夜に飲んだ新茶は、無病息災、不老長寿になり縁起が良いとされています。

他には、4~5月初旬にとれたれの旬のものは、よもぎ、アスパラ、ソラマメ、ゴボウ、たまねぎ、ビワ などです。
ビワはこの時期にしか食べれません。またすごくおいしいです。

魚で取れる旬の海産物では、鯵、ホタルイカ、サザエなどがあります。




イベントでは、

4月の第3日曜日に久田見まつり
が行われます。

場所は、岐阜県加茂郡八百津町久田見
です。別名、糸からくりとも言われ、
糸からくりを使ったお祭りが行われます。

小型2輪車の山車が6台出ます。花山車の上では歯車などを利用し、
下から糸をひき人形をあやつる糸切りからくりが演じられます。
歯車を利用して下から糸をひき人形をあやつる技術は、国の無形民俗文化財にも指定されています。




4月下旬~5月上旬にとなみチューリップフェア

富山県砺波市は生産量日本一と言われているほどのチューリップの産地です。
会場は、砺波チューリップ公園 富山県砺波市花園町1-32です。
魅力は圧倒的なチューリップの本数と品種の多さ。700品種、300万本のチューリップが所狭しと咲き誇ってきれいです。

穀雨の時期のチューリップは色鮮やかに咲いてきれいです。





4月第3日曜日に翠波高原 菜の花まつり

翠波高原の緩やかな傾斜地一面を、菜の花が黄色に染めます。
穀雨の時期の高原に咲き誇る 菜の花は絶景です。
菜の花まつり当日は、音楽ライブなどのステージイベントやバザーなどが催され、家族連れなど行楽客で賑わいます。




穀雨は、ゴールデンウイークと重なりますので、穀雨の食べ物やイベントを思う存分楽しんでみていただけたらと思います。


まとめ

穀雨とは二十四節気のひとつの季節です。
穀雨は、春の雨が穀物を潤すという意味で、この時期の種まきをすると、穀物が丈夫に育ち収穫が多くなるための雨に恵まれるとされています。
2017年の穀雨は、4月20日になります。
4月20日から5月6日くらいまでの焼く15日間です。
穀雨はちょうどゴールデンウイークの時期ですので、この時期はゴールデンウイークを意識しやすいですよね。
イベントなどもゴールデンウイークが意識されたものばかりです。
この機会に穀雨を意識してこの季節の雰囲気を楽しんでみるのもいいですね。



スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">