インフルエンザにかかった時に、高熱下痢症状を伴うことがあります。

下痢が突然止まらない状態は、インフルエンザの症状が原因かもしれません。
インフルエンザの治りかけにも下痢症状がでることもあるので、
その特徴と治し方について紹介していきます。ぜひご欄ください。



インフルエンザの下痢症状の原因、下痢が止まらない時の対処法を紹介していきます。

インフルエンザの時に発生する下痢症状ってホントにつらいんですよね。
早めに対処して改善しましょうね。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">




インフルエンザの下痢症状とは


インフルエンザウイルスは体内に侵入したあと、1~3日の潜伏期間があり、
そのあと、高熱などの症状は現れるのが特徴です。


インフルエンザの種類は、A型とB型、C型の種類があります。
A型、B型で消化器官に関する症状が現れやすい特徴があります。
頭痛、嘔吐、下痢が出やすいです。
特にB型は下痢症状が出ると、治りにくく続きやすいという特徴があります。

インフルエンザの症状が回復するのは、だいたい一週間程度です。
下痢も一週間で治る事が多いです。

下痢になってしまう理由は高熱が体力を奪って胃腸の機能が弱らせるのが原因と言われています。
胃腸が弱ることで、下痢症状が発症するので、熱がひくと胃腸も回復し、下痢症状も収まります。

しかし、インフルエンザ症状が良くなっても、下痢が続く場合もあります。

インフルエンザの症状は高熱がでるのが特徴なのですが、高熱が続いた後には、
体力や免疫力が低下しているため、下痢を引き起こす別の細菌が体内に入りやすく、
それがインフルエンザ治りかけなどの感染して下痢を引き起こすことがあります。

またインフルエンザに処方されるタミフルが原因の場合もあります。
タミフルは5%の割合で副作用として下痢を引き起こす事があります。
インフルエンザが治りかけから下痢が悪化するのはタミフルの副作用も考えられます。

いずれもインフルエンザの治りかけの時に下痢になる場合が多いようです。
またインフルエンザでの下痢症状が多いのは、大人よりも子供に多いという医学的報告があります。




下痢が止まらない時は危険


インフルエンザで、下痢の症状は大人よりも子供に多い傾向があるのですが、
子供の場合の下痢の症状は、かなりの回数を繰り返すようです。

3歳以上12歳未満では、1日10回以上の下痢症状を繰り返す場合もあります。
さらに3歳未満の赤ちゃんの場合では下痢を1日20回以上繰り返す場合があるそうです。
下痢をし続けると同時に腹痛を伴う事も多いようです。
下痢症状が続く場合で、気を付けるべき事は脱水症状を防ぐ事です。
インフルエンザの下痢が止まらない時は、身体の体力が奪われるのと同時に身体の水分も奪われます。



脱水症状になりやすく、貧血などの症状も引き起こします。
吐き気を催す場合も、飲める時に少しづつでもいいので、水分摂取を行い、脱水を防ぎましょう。

高熱、下痢がひどく、水分摂取がひどい場合は、病院に早めにかかってください。

そのときの症状にあった、お薬を出してもらったり、下痢がひどい場合も水分摂取が困難な場合も、
点滴注射をしてもらうことで、早く回復していきます。



スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">






下痢が止まらない時の改善方法



インフルエンザの症状で下痢が止まらない場合どうしたらいいのか?

下痢を止める方法を紹介します。

⓵食事を控える。
消化の良いものを少しだけ食べることからしましょう。食べている間にお腹が痛くなった場合、
すぐに食べるのをやめましょう。
下痢の回数や状態を見ながら、すこしづつ、徐々に食べていくようにしましょう。
脱水を防ぐため、水分摂取はこまめに行ってください。

➁生姜や梅干を食べる
生姜や梅干しは、弱った胃腸の回復を促して、下痢を止める働きがあります。

➂お腹を温める

お腹が冷えると、自律神経が乱れ、胃腸が、異常収縮して激しい腹痛を引き起こします。
お腹を温めることで、血流がよくなり、胃腸の回復、体力の回復が早くなります。



インフルエンザの下痢を止める方法で一番いいのは、
やはり病院を受診してお薬や点滴をしてもらうことです。

しかし、どうしても病院に行くのが難しい場合は、上に紹介した⓵~➂を試してください。
効果はあります。


まとめ

インフルエンザの症状が出たときに、高熱と下痢症状が出現することがあります。A型とB型のインフルエンザで下痢症状が出現することが多いです。
インフルエンザの治りかけにも下痢症状がでることもあります。

下痢になってしまう理由は高熱が体力を奪って胃腸の機能が弱らせるのが原因です。
胃腸が弱ることで、下痢症状が発症するので、熱がひくと胃腸も回復し、下痢症状も収まることが多いです。

インフルエンザなおりかけの免疫力が落ちているときに、下痢を引き起こす最近が体内に入って、下痢症状をきたす場合、
インフルエンザの薬のタミフルの副作用で下痢症状が出現する場合もあります。
インフルエンザで、下痢の症状は大人よりも子供に多い傾向があります。

下痢が止まらない時は、脱水症状を起こす場合がありますので、
水分補給をしっかりすることと、はやめに受診をお勧めします。
下痢が止まらない時は、まずは、食事を控えてください。生姜や梅干しは、弱った胃腸の回復を促して、
下痢を止める働きがあるので、試してみてください。
おなかは冷やさないように、温めるようにしてください。


スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">