インフルエンザにかかってしまった・・・
高熱がでて苦しいですよね。


でも食事はきちんとしないと、どんどん体力が奪われていってしまいます。
しかし、食べたほうがいいのはわかっているんだけど、食べられないんですよね。
身体がだるくしんどいし・・・

その気持ちわかります。



本日は、インフルエンザにかかった時の食事について、書いていきます。

インフルエンザにかかったとき、食べやすいもの、
インフルエンザに効果がある食べ物は何なのか?
すごく効果があった食べ物とレシピ

についてご紹介しますね。


スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">




インフルエンザの時の食事は、どういうのが良いの?


栄養素でいうと、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、硫化リアル、ポリフェノール、テアニンが多く含む食材が効果があります。

たんぱく質
魚類(アジ、イワシ、サンマ、サバ、鮭、マグロ)、肉、卵、牛乳が多く含みます。
生命維持や活動するために欠かせない栄養素です。ウイルスや細菌の排除、病気への抵抗力を高め、免疫力を強化します。
インフルエンザの時に食べやすいのは、匂いがきつくない赤身魚(鮭、マグロ)や肉、卵が良いです。

ビタミンC
キャベツ、パセリ、じゃがいも、ブロッコリー、いちご、みかん、キウイフルーツ、ほうれん草などに多く含まれています。
ウイルス感染や寒さへの抵抗力をつける効果があります。体内に侵入したウイルスや細菌を攻撃してくれます。がん予防などの働きがあります。
インフルエンザの時に食べやすいのは、いちご、みかん、キウイなどのビタミンCを多く含んだフルーツ系の食材がオススメです。


ビタミンA
レバー、ウナギ、アナゴ、牛乳、乳製品、卵に多く含まれます。
ウイルスの侵入口、鼻や喉の粘膜を保護し、丈夫に保つ効果があります。
インフルエンザの時に食べやすいのは、乳製品(ヨーグルトなど)卵が良いでしょう。

ビタミンE
ビタミンEは植物油、大豆、玄米、アーモンド、かぼちゃ、ブロッコリー、アボカドなどに多く含まれています。
白血球やリンパ球の働きを促します。身体が冷えるのを防ぐ働きがあり、血行をよくする働きにも効果があります。
脂肪の酸化を防ぎ、血管を強くして血流がスムーズになる効果があります。
ビタミンEのインフルエンザの時に食べやすいのは、植物油、大豆、玄米、アーモンド、かぼちゃ、ブロッコリー、アボカド

硫化アリル
硫化アリルって聞きなれない栄養素ですね。実は、ねぎやにんにくなどに含まれる刺激臭のある香気成分なのです。ねぎやにんにく、たまねぎ、にらに含まれています。
体を温める作用があります。滋養強壮効果もありますが、臭いがきつく、インフルエンザ時には食べにくいかも知れません。

ポリフェノール、テアニン
ポリフェノール、テアニンはお茶に多量に含まれており、殺菌効果が非常に高く、インフルエンザウイルスを撃退したり予防したりできます。
インフルエンザ時には、緑茶、紅茶、ウーロン茶を飲むことで摂取できます。暖めて飲むと身体にも優しく効果的になります。





インフルエンザ時の食事のポイント




インフルエンザに発症すると体力、免疫力もも弱くなります。
食欲もなくなるので、さらに体力が落ちていきます。


無理しない程度に、何か少しでも食べるようにしましょう。
お茶やジュースから飲んで、大丈夫なら、ヨーグルトやゼリーなど喉越しの良いもの、
お粥や雑炊、煮込みうどんなど温かくて消化の良いものから段階的に食べていきましょう。

高熱で食欲が無いときは、無理に食べなくても大丈夫です。
食べれるときに食べるようにしましょう。

高熱で、胃腸の動きが弱ってしまうことが多いため、
無理をして食べると消化不良を起こしてしまうこともあります。

また、吐き気や下痢などの症状を起こす場合もありますので脱水症状に気を付けましょう。
こまめな水分補給が不可欠です。


白湯、お茶、ジュースなど、飲みやすいもので、水分補給しましょう。
また、ポカリスウェットなど、イオン水は水分補給に適した飲み物なので、脱水症防止に効果的です。




スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">




インフルエンザ発症時に食べれるオススメ食事 簡単レシピ




インフルエンザにかかり、高熱で体力が低下して、気力もなく、食欲もわかないときに 魚や肉系の食事や味の濃いものはちょっと・・・
って思ってしまいます。

インフルエンザ時には、固形物よりもまず水分摂取からしていきましょう。
インフルエンザの症状の特徴も、突然高熱38度の高熱になって、いきなり、食べられなくなる場合が多いですから、
そんなときはポカリスウェットや、お茶、野菜ジュースや野菜スープから
はじめて、食欲がでてきたら、じょじょに固形の食事に変えていく形が良いでしょう。
無理をして食べると消化不良を起こして、さらに気分が悪くなり、全く食べられなくなる場合もあるので、じょじょに変えていくのが良いです。

簡単に作れて回復を促す食事レシピを紹介します。

紹介している順番は食べやすいものから紹介していますので、食欲不振がひどい場合は、
この順番で試していただいても良いでしょう。


・はちみつしょうがドリンク

≪材料≫
はちみつ(適量)、すりおろししょうが(適量)。
柚子茶、レモン汁、シナモンを適量入れてもおいしくなります。
≪作り方≫
はちみつとすりおろししょうがをコップにいれお湯をいれ溶かす
はちみつの代わりに、柚子茶を入れても飲みやすくなります。
作り方のポイントは、しょうがが多め、はちみつ少なめがオススメです。
はちみつとしょうがは、身体の血流をよくして身体を温めて免疫力を高める効果があるので、インフルエンザ予防、身体の回復を促進します。



・にんじんとバナナ、りんごでミックスジュース


≪材料≫
ニンジン(1本)、バナナ(1本)、レモン汁(大さじ1杯)、りんごジュース(200cc)、(牛乳150cc)
≪作り方≫
全部、ミキサーへいれて、ジュースにする。りんごジュースの代わりにりんごでも良いが、その場合、牛乳の量を多めにいれましょう。

にんじん、バナナ、りんご、レモンにはビタミンが豊富で、味も良く、食べやすいのがいいです。
このミックスジュースで、ウイルス感染や寒さへの抵抗力をつける効果があります。体内に侵入したウイルスや細菌を攻撃してくれます。



・ヨーグルト白玉フルーツポンチ

≪材料≫
ヨーグルト(50g)、白玉粉(50g)、ゼリー(適量)、お好きなフルーツ缶詰(適量)、お好きなカットフルーツ(適量)
≪作り方≫
1.ゼリーと缶詰のフルーツ、カットフルーツはあらかじめ冷やしておきましょう。クラッシュゼリーにして冷やしておきましょう。
2.ボウルに白玉粉とヨーグルトを入れてよくこねて、耳たぶくらいのやわらかさになるまでにして、小さい食べやすいくらいの大きさのヨーグルト白玉だんごをつくりましょう。
3.お鍋でお湯を沸騰させ、だんごをいれましょう。だんごが浮いてきたらそのまま、1~2分茹で続け冷水につけて冷やしましょう。冷えたら水を切ってグラスなどに入れましょう。
4.グラスに、冷やしておいたゼリーと缶詰のフルーツ、カットフルーツも入れましょう。

ヨーグルト白玉フルーツポンチは、インフルエンザの高熱症状の時に食べると身体の熱を穏やかに冷めさせる効果があります。
インフルエンザ時にヨーグルトは、体内に取り入れることで腸内環境を整えてくれます。
気管や粘膜の回復を助け、食欲不振も改善します。
白玉だんごは、のどに詰まらせないように注意してください。
お好きなフルーツをたくさんいれることで、食欲の回復が促進され体力の回復も早くなります。




・梅とろろ昆布茶



≪材料≫ とろろこんぶ(適量)、梅干し(大一個)、こんぶ茶(こさじ1/4)
≪作り方≫
1.梅は、大きめの紀州梅か、はちみつ梅が良いです。
2.とろろ昆布、梅干を入れた湯のみに熱湯を注ぎ込みます。湯の量を調節しながらお好みの味にしてください。


・野菜スープ
≪材料≫
キャベツ(1/4個)、にんじん(1本)、じゃがいも(2個)、たまねぎ(1個)、コンソメ(1個)、塩(適量)、たまご(1個)、その他お好みの野菜 
≪作り方≫
1.有り合わせの野菜があればOK、キャベツ、にんじん、じゃがいもがあればおいしくできます。
2.キャベツ、たまねぎも芯をつけたまま、ざっくり切って鍋にいれていください。にんじんは乱切り、じゃがいもは丸ごとでOKです。
3.鍋にお水をたっぷりいれ、切った野菜を全部入れます。その上にコンソメをいれ、最初は強火で、煮立ったら弱火で煮るだけです。

野菜でもの足りない場合や、食欲が改善してきて、食べられるようになってきたら、ゆで卵も入れるとおいしく食べられます。



・梅スープ
≪材料≫
梅干(1個)、めんつゆ3倍濃縮(大さじ1)、水(200~250ml)
≪作り方≫
1.お水を沸かす。
2.梅干しの種を取り、お椀やスープカップに入れる
3.めんつゆを入れる。

食欲が無いときに最適で簡単に作れます。労回復効果がある梅干しと大好きなめんつゆで味がとてもいい。


味卵中華おかゆ
≪材料(2食分)≫ 
ご飯(お茶碗2杯分)、水(800ml)、たまご(2個)、刻み海苔(適量)、コーンクリーム缶(1カップ)、鶏がらスープのもと(大さじ1杯)、しょうゆ(大さじ1杯)塩コショウ(適量)
≪作り方≫
1.鍋に水を入れ沸騰したらご飯をいれなじませる。
2.中火で1分ご飯を煮込む。コーンクリーム缶(1カップ)、鶏がらスープのもと(大さじ1杯)、しょうゆ(大さじ1杯)塩コショウ(適量)をいれる。
3.中火のまま、溶き卵を加えて混ぜる。その後ふたをして1分温める。
4.火をとめて、1分蒸らす。

熱がでている時、胃腸が弱って食欲不振が続いている時にやさしい味で、が食欲が無いときに最適で簡単に作れます。


生姜うどん
≪材料≫
水(300CC〜)、ダシ昆布(適量)、醤油(大さじ3杯)酒(大さじ2杯)みりん(大さじ2杯)、生姜(適量)、豚肉(適量)、豆腐(適量)、うどん(1玉)
≪作り方≫
1.鍋に水とダシ昆布を入れて沸騰させる。
2.すりおろした生姜、醤油、酒、みりんを入れる。
3.一口大に切った豚肉、豆腐などの具材を加える。
4.うどんを冷凍のまま入れてほぐれるまで放置。
5.仕上げにてんかすや万ネギを散らして完成。

参考サイト https://cookpad.com/




インフルエンザに発症中に食べたらいけないもの



インフルエンザ症状の特徴は38℃以上の高熱です。高熱は、体のエネルギーをふんだんに使います。
食べ物の消化にエネルギーがいかないようにするべきです。

油や消化の悪いものは、消化にエネルギーを使いますので、
エネルギーがたらなくなって、逆に消化不良を起こして気分が悪くなったり嘔吐を催します。

油分の多い牛肉や繊維の多い野菜、レンコンやゴボウは消化が悪いのでダメです。

それから、刺激物となるコーヒーは胃腸を刺激して悪い影響を与えてしまいます。

アルコールも、刺激物ですのでダメです。
インフルエンザ薬の中にはアルコールやコーヒーが禁忌にあたるものがありますので、控えましょう。




まとめ


インフルエンザにかかったとき、症状を改善させる効果があってかつ食べやすいものについてまとめました。

インフルエンザの時の食事は高熱のために、食欲不振になってしまうことが多いです。
食べれないことで、体力や気力もどんどん低下していき、回復が遅くなります。

そんなときは、栄養があり、消化が良い、食べやすい食材での食べ物なら食べられますよね。

味の濃いものや、刺激物を食べるのは、逆に消化不良を起こしますので、消化が良く、症状を改善する効果のある栄養素を含んだ食材が良いですね。

無理しない程度に、食事をしていき回復させましょう。お茶やジュースから飲んで、大丈夫なら、ヨーグルトやゼリーなど喉越しの良いもの、
お粥やスープ、消化の良いものから段階的に食べていきましょう。
高熱で食欲が無いときは、無理に食べなくても大丈夫です。食べれるときに食べるようにしましょう。


私もインフルエンザにかかったことがあります。
ホント、高熱がでると、何も食べたくないんですよね。

私は、もとから、食が細く、風邪をひいたときなども、すぐに食べられなくなるんです。食べないので症状も長引くタイプなのです。

インフルエンザで高熱になったときなどは、体力が落ちて1週間はごぼ寝たきりになってしまうことが多いので、
受診時に、先生に「食べられなくなるので、点滴を打ってください」といって点滴をうってもらいます。
点滴なら、食事ができなくても大丈夫ですし、体力の回復も早いからです。

本当は、点滴をして治すよりも、食事をしながら治すのがより自然で、身体にも良いんでしょうけど。


スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">