お正月が終わる締めくくりとしてとんど焼きが行われます。
この「どんど焼き 」 少しおかしな名前ですね。





なぜ「とんど焼き」って呼ばれるのでしょうね。
また、なぜ「どんど焼き 」が行われるんでしょうね。
どんど焼き 」 昔から行われているイベントのようですが、
その由来といつ、どこで行われるのか、地域によって呼び方ややり方が違うのか

「とんど焼き」について調べてみました。
調べていくうちに「とんど焼き」についておもしろい情報も見つけましたのでお教えしたいと思います。



スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">




どんど焼きは何をするの? 語源や由来や時期、言い伝えなど


「とんど焼き」は小正月である1月15日に、各家ごとにお正月飾りや書初めなどを持ち寄って、
それらを一箇所に積み上げて燃やす行事です。


「とんど焼き」の火にあたったり、その火でお餅や団子、みかんなどを焼いて食べたりすることで
その年は無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。
地域の各家だけが持ち寄って行われている場合もありますし、
神社で行事として行われている場合もあります。

どんど焼き 」、「どんどん焼き」と呼ばれることもあります。
地域によってまったく別の名前で呼ばれていることもあります。

日本全国で行われているお正月の火祭り行事です。
お盆に行われる「迎え火」「送り火」などと同じ日本古来からの伝統火祭り行事です。




なぜ「どんど焼き」というのか


「どんど焼き」の語源については全国各地でそれぞれで違うようです。
とんど(歳徳)、とんど焼き、どんど焼き、どんどん焼き、どんと焼き、さいと焼き

とも呼ばれたりします。

語源はいろいろな説があります。

年徳神(としとくじん)と呼ばれるその年の福徳を司る神を祭るものとされ、
もともとが、年徳神焼き(としとくじんやき)、年徳焼き(としとくやき)
とかと呼ばれていたりもしたようですが、それらがなまって呼ばれるようになって
「とんど焼き」と呼ばれるようになったという説。

また、お正月飾りなどを一箇所にたくさん積み上げてどんどん燃やすということで
「どんどん焼き」「どんど焼き」などと呼ばれるようになったという説。

竹と一緒に燃やすので、竹が燃える最中に「どんっ」て音を出す様子から、
「どんと焼き」と呼ばれるようになった説。

火を燃やすときに「尊(とうと)」とはやし始めたのがなまって
「とうと焼き」が「とんど焼き」になったという説。

各地方で呼び名が変わったりするために語源も各地方によって変わる場合も多いのです。




各地方のとんど焼きの独特の呼び方


「とんど焼き」と呼ぶのは東京と近畿とその周辺の地域で呼ばれていることが多いです。

「とんど焼き」の各地方での呼び方

あわんとり(千葉県南部・茨城県南部)
お焚き上げ(神社で行事としてする場合)
おんべ焼き(単におんべとも)
御柴灯(おさいとう)
かあがり(長野県南佐久郡小海町、南佐久郡南相木村、北相木村)
かんじょ(新潟県村上市岩船)
さいと焼き(神奈川県横須賀市鴨居八幡)
さぎっちょ(富山県、石川県、福井県、岐阜県、高知県、福岡県)
しんめいさん(広島県東広島市安芸津町)
道祖神祭り
とうどうさん(愛媛県東予地方)
とんど(奈良県、広島県、岡山県)
とんど焼き(近畿とその周辺、東京都)
とんど正月(兵庫県播磨地方)
どんと
どんどや(九州)
どんど焼き(山梨県の一部地方、愛知県の一部地方)
どんど焼き(群馬県、愛媛県南予地方)
とんどさん(鳥取県)
どんどん焼き(山梨県の一部地方)
ほっけんぎょう(九州)
やははいろ(東北)

(wiki引用)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A6%E7%BE%A9%E9%95%B7






どんと焼きは何を焼くのか?


田んぼや空き地に長い竹や木、わらなどで作ったやぐらや小屋を作って
各家が持ち寄った正月飾り(しめ飾り、門松など)や書初めなどで飾りつけをして燃やします。その火で餅や団子などを焼きます。
地方によっては、みかんやダルマを焼いたりもするそうです。


どんと焼きは、歳神様を送る火なので、火にあたると若返える効果があるそうです。火で焼いたお持ちやお団子を食べると、
その年は健康に過ごせるとされているようです。
お正月の書初めをとんど焼きに飾って焼くことで 「字を書くのが上手になる」といわれています。

また、「とんど焼き」の灰を持ち帰って、家の周囲にまく事で魔よけになったり、
「とんど焼き」の灰を少し体に振り掛けることで厄よけになるという言い伝えもあるそうです。





とんど焼きの由来


「とんど焼き」はもともとは鎌倉時代から行われており、
平安時代の宮中行事「左議長(さぎちょう)」と呼ばれる儀式が起源だとされています。

平安時代では宮中では 正月の15日、庭に青竹を束ねて立て毬杖(ぎっちょう)と呼ばれる杖を3本を結んで、
その上に扇子や短冊などを飾り、陰陽師が謡いはやしながら焼いて、その年の吉凶を占うという行事があります。


その際、鬼の面をかぶった童子が太鼓をドンドン打ち鳴らしながら踊ったので
「どんどん焼き」「どんど焼き」「とんど焼き」という名前になって民間に伝わったという説もあります。


スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">




「とんど焼き」はいつ行われるのか


神事ごととして行われる神社でのとんど焼きはきっちり1月15日に行われていますが、
民間では1月15日周辺の日や第二の土日曜日に行われている場合があるようです。
以前は1月15日は成人の日でお休みでしたが、成人の日が1月の第二月曜日に変更されたため、第二月曜日にする場合もあるようです。

どんと焼きは土日、祝日に行うことがほとんどなのですが、
やはり仕事をしている方への配慮だと思います。

また、どんと焼きは「子どものお祭り」とされているのです。
平安時代の宮中では、鬼の面をかぶった童子が太鼓を打ち鳴らしながら踊って楽しんでいたことから、
「子どものお祭り」として行われてきた経緯があります。

本来は単に正月飾を焼いたり、餅や団子を焼いたりするものではなく、「子どもの祭り」なのです。

なので、子どもたちが参加できるようにという配慮で、15日前後の土日や祝日のお休みの日に行われます。




「とんど焼き」が行われなくなってきた理由


とんど祭りは「子どものお祭り」であるので以前は、
子どもたちが組み立てたり飾りつけをしたりしていたようです。
また単に焼くだけでなく、地方によっては子どもたちが、
火の周りで踊ったり、太鼓を叩いたりする風習も見られたそうですが、
最近はそれもほとんど見られず、とんど焼きをすることすら少なくなってきているようです。

少子化で子どもも少なくなってきたことや、都市化が進み、とんど焼きができる田んぼや敷地も無くなってきたことや、
防災上の規制が厳しくなってきたため、「とんど焼き」が行われなくなってきている傾向にあります。

また、正月飾りをする家も少なくなってきているのと、
正月に書初めをする人も少なくなってきたためだとも言われています。

日本の伝統行事を見直そうという取り組みで、「とんど焼き」をイベントとして行うことで観光客を読んだり 
地方活性のイベントとしてやっているところも増えてきているようです。

神社だけでなく、小学校や市町村が主催して「とんど焼き」を催したりする場合も増えてきています。
地方などの田舎の宿泊施設などでは、「とんど焼き」を集客のイベントとしてやっているところもあります。


まとめ

お正月が終わる締めくくりの「とんど焼き」
各家ごとにお正月飾りや書初めなどを持ち寄って、それらを一箇所に積み上げて燃やす行事です。「とんど焼き」は小正月である1月15日前後の土日や祝日の日で行われることが多いです。

火にあたったり、その火でお餅や団子、みかんなどを焼いて食べたりすることで
その年は無病息災で過ごせるという縁起の良い催し物なのです。

現在も日本全国で行われているお正月の火祭り行事です。「とんど焼き」は、
地域によってまったく別の名前で呼ばれていることもあります。

正月飾りや書初めなどで飾りつけをして燃やします。
その火で餅や団子などを焼いたり、地方によっては、みかんやダルマを焼いたりもするそうです。

「とんど焼き」は、平安時代の宮中行事「左議長(さぎちょう)」と呼ばれる儀式が起源です。
どんと焼きはもともと「子どものお祭り」なのです。


少子化で子どもも少なくなってきたことや、都市化が進み、
とんど焼きができる、たんぼや敷地も無くなってきたことや、
防災上の規制が厳しくなってきたため行われなくなってきているが、最近見直されてきている。

私は、田舎の育ちで、子供のころから神社などでの「とんど焼き」によく参加していました。
大きくなってからは、ほとんど「とんど焼き」に参加しなくなりました。

「とんど焼き」のもともとは、「子どものお祭り」だということは、
この記事を書くにあたって、調べていくうちにわかりました。
少子化や都市化で「とんど焼き」がしなくなっていくのは寂しいですよね。

また実家に帰ったら、「とんど焼き」に参加してみようかと思っています。
日本の伝統行事は、大事に継承していきたいですね。

スポンサードリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4614969739563807"
data-ad-slot="9257690502"
data-ad-format="auto">